商品検索をする

うな次郎の柳川風

レシピに使用されている商品

ごぼうのうまみと玉子がうな次郎の美味しさを引き立てます。

  • 材料(1人分)
  • ●うな次郎1/2パック
  • ●ごぼう1/8本
  • ●卵1個
  • ●みつば適宜
  •  
  • 調味だし
  • ●水50cc
  • ●薄口しょうゆ小さじ2
  • ●砂糖小さじ2
  • ●みりん小さじ2
  • 調理時間20分
  • 1

    うな次郎を表示通りに温め、1/4に切ります。お好みでタレをかけておきます。

  • 2

    ごぼうはささがきにして、水に放しておきます。

  • 3

    卵を割りほぐし、調味だしを合わせておきます。

  • 4

    小さな鍋に火をかけ、調味だしと水を切ったごぼうを入れます。

  • 5

    ごぼうに火が通ったら、@のうな次郎を入れ、溶き卵を廻し入れます。

  • 6

    蓋をして30秒ほど火にかけ、卵を蒸らします。

  • 7

    そのまま器に盛り、中心部にみつばをあしらいます。

レシピに使用されている商品

うなる美味しさ うな次郎

●うなぎの蒲焼をイメージした魚のすり身で作った練り製品です。
●皮の部分にも焼き目がついて香ばしく仕上げました。
●1枚でビタミンB1の成人男性の1日に必要な摂取量が摂れます。
 ※うな次郎1枚当り1.8mg。18〜49歳男性の摂取基準推奨量1.4mg。
  (厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より引用)


うなる美味しさ うな次郎 長持ちパック

●うなぎの蒲焼をイメージした魚のすり身で作った練り製品です。
●皮の部分にも焼き目がついて香ばしく仕上げました。
●容器のまま電子レンジで温めることができ、温めたあとも熱くなりにくい容器です。
●1枚でビタミンB1の成人男性の1日に必要な摂取量が摂れます。
 ※うな次郎1枚当り2.0mg。18〜49歳男性の摂取基準推奨量1.4mg。
  (厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より引用)

同じ商品を使った他のレシピ