商品検索をする

さつま揚げと根菜の酢豚風

レシピに使用されている商品

炒めて味付けの2ステップで作るおもてなし大皿料理です。地味になりがちな冬の食卓を華やかに。さつま揚げを使用することで、お肉や魚より手軽に調理できます。

  • 材料(4人分)
  • ●素材をいかしたさつま揚1パック
  • ●サラダスティック1パック
  • ●ごぼう100g
  • ●れんこん100g
  • ●ピーマン1個
  • ●パプリカ(黄)1/4個
  • ●たまねぎ1/2個
  • ●いちまさのまいたけ1/2パック
  • ●小松菜3株
  • ●ごま油大さじ1
  • ●A 酢大さじ3
  • ●A 砂糖大さじ3
  • ●A ケチャップ大さじ2
  • ●A しょうゆ大さじ2
  • ●A 片栗粉小さじ1
  • 調理時間20分
  • 1

    ごぼう、れんこん、ピーマン、パプリカ、たまねぎは1〜2cmの乱切りに、素材をいかしたさつま揚は4等分に、サラダスティックは3等分に切る。いちまさのまいたけは小房に分ける。

  • 2

    小松菜は株のまま2分ほど塩ゆでし、冷水にとって優しく絞る。

  • 3

    フライパンにごま油を熱し、ごぼう、れんこんを炒める。表面に焼き色がついたらピーマン、パプリカ、たまねぎ、素材をいかしたさつま揚、いちまさのまいたけを加え、炒め合わせる。

  • 4

    Aをよく混ぜてから3に加え、全体を煮からめる。とろみとツヤが出てきたらサラダスティックを加え、さっと混ぜ合わせる。

  • 5

    器に盛り、2の小松菜を飾ってできあがり。

ワンポイントアドバイス

火が通るのに時間のかかるごぼうとれんこんを先に炒めはじめます。

レシピに使用されている商品

素材をいかしたさつま揚

●原料には国産すり身を100%使用しています。
●ふっくらと弾力があり、しなやかな食感に仕上げました。
●そのままあぶって薬味と一緒に。煮物にもご利用いただけます。
●保存料は使用しておりません。

サラダスティック

●日本食品標準成分表2015「かに風味かまぼこ」と比較して塩分を40%カットしました。
●ジューシーでほぐれやすい食感に仕上げました。
●値頃感のあるお買い得商品です。
●保存料は使用しておりません。
●1パックあたりカルシウム398mg。

まいたけ100gパック

●新潟県阿賀野市にある自社の栽培センターにて製造いたしました。
●「料理したときに見栄えのするシャキシャキの傘部」と「コリコリと歯ごたえのある茎部」の両方がバランス良く含まれているのが、一正まいたけの特徴です。
●農薬・化学肥料は一切使用しておりません。

いちまさのまいたけ 一株

●新潟県阿賀野市にある自社の栽培センターにて製造いたしました。
●「料理したときに見栄えのするシャキシャキの傘部」と「コリコリと歯ごたえのある茎部」の両方がバランス良く含まれているのが、いちまさのまいたけの特徴です。
●農薬・化学肥料は一切使用しておりません。

いちまさのまいたけ 四株

●新潟県阿賀野市にある自社の栽培センターにて製造いたしました。
●「料理したときに見栄えのするシャキシャキの傘部」と「コリコリと歯ごたえのある茎部」の両方がバランス良く含まれているのが、いちまさのまいたけの特徴です。
●農薬・化学肥料は一切使用しておりません。

同じ商品を使った他のレシピ