商品検索をする

うな次郎のいなり寿司

レシピに使用されている商品

うな次郎をのせたゴージャス感のある春色のいなり寿司です。甘酢生姜を使うことで香りよく手軽に酢飯を作れます。

  • 材料(3人分)
  • ●味付け稲荷あげ6個分
  • ●白飯180g
  • ●うな次郎1/2パック(1枚)
  • ●錦糸卵(卵 1個、酒 小さじ1、片栗粉 小さじ1/2)(市販品でも可)
  • ●白ごま大1/2
  • ●甘酢生姜(汁ごと)適量
  • ●スプラウト適量
  • 調理時間30分
  • 1

    甘酢生姜はごはんに混ぜる分は細かめに刻む。うな次郎はいなりに乗るサイズに切る。

  • 2

    錦糸卵を作る。 卵を溶き、酒で溶いた片栗粉を加えてしっかり混ぜる。温めたフライパンに流し入れて薄焼き卵を作り、冷めたら丸めて千切りにする。

  • 3

    白飯(冷たければ軽く温める)に刻んだ甘酢生姜と汁、白ごまを加えて簡単酢飯を作る。これを6等分して丸めておく。

  • 4

    いなり揚げを開いて3の丸めた酢飯を1個入れ形を整え、揚げの端を折り返す。 錦糸卵を10gのせ、うな次郎と小さな束にしたスプラウトを飾り上に甘酢生姜を少量のせる。

ワンポイントアドバイス

白飯に加える甘酢生姜と汁の量は使用するものと好みで調整してください。

レシピに使用されている商品

うなる美味しさ うな次郎

●うなぎの蒲焼をイメージした魚のすり身で作った練り製品です。
●皮の部分にも焼き目がついて香ばしく仕上ています。
●1枚でビタミンB1の1日に必要な摂取量が摂れます。




うなる美味しさ うな次郎 長持ちパック

●うなぎの蒲焼をイメージした魚のすり身で作った練り製品です。 
●皮の部分にも焼き目がついて香ばしく仕上ています。 
●1枚でビタミンB1の1日に必要な摂取量が摂れます。 
●レンジアップしても熱くならないトレーを使用しています。

同じ商品を使った他のレシピ